スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるために働くのか、働くために生きるのか?働き方をもう一度見直しませんか?

【実践的なアドバイスと実証済みの成功ノウハウを提供します】




卵が先か鶏が先か

こんな言葉聞いたことありますよね?



私もちょっと考えたことがあるのですが「生きるために働くのか、働くために
生きるのか」ということなんですが皆さんはどう思いますか?


多くの人、特に男性は高校、あるいは大学を卒業し社会に出ると定年まで働き続けます

高卒なら19歳~65歳までの46年間、大卒(ストレート)なら23歳~65歳までの
42年間です。



いずれにせよ20代~40代ぐらいはあまり余裕もなくほとんどが働く事に時間が
使われます。


50代ぐらいになると多少余裕も出てきますが若い頃に比べて欲が少なくなります。



若い世代はとにかく余裕がないのでお金のほとんどは生活費に消えてしまいます。

一番消費をする世代が消費したくてもできないわけです。



そしてある程度の年齢になり余裕が出てくる頃には欲が少なくなり消費が減るわけです。




これでは国の経済が回らずに衰退してしまいます。



多くの若者世代の方が「何のために働いているのだろう?」と感じているのでは
ないでしょうか?


まさに「生きるために働くのか、働くために生きるのか」ということですね。




働いて収入を得ることは必要なことです。

生活を維持するためでもあるし、国に税金などを収める義務があるからです。



しかし、問題なのは「どのように収入を得るか」=「働き方」ではないでしょうか?




今、インターネットでは若くして成功された方達が情報を発信し同じような成功者を
増やそうと尽力しています。


せっかくこの世に生まれても片や働くことに人生の時間を奪われ不自由に生き、
片や成功し人生を満喫し満足し納得できるものにしている。



これは才能や能力や性格や人格、カリスマ性、運などの差によるものなのでしょうか?


もちろんそのような要素もあるのかもしれません。

でも、過去に全く何の能力も知識もなく、人付き合いも苦手な性格でも成功している方も
いるのです。





それはインターネットがもたらす情報と成功者が持っている行動力によるものです。

過去には人脈がなければ成功は難しいものでしたが今は違います。



全く人脈を持たなくてもインターネットの世界では関係なく成功することができます。

そして成功とは決して大きな話ではありません。



インターネットで月に3万の収入を得る、と決めてそうなればそれが成功なのです。

それで成功できれば月に5万、10万と成功を大きくしていけば良いのです。



世の中に出ている成功話はスケールが大きいものが多いです。

だから成功は難しい、と感じてしまうのでしょう。




でも、決してそんな事はないのです。



今の時代は情報が溢れ多くのチャンスが転がっていても手にするのは僅かな人だけです。

そしてチャンスを手に入れてもそれを活かせなければ成功は手に入りません。




あなたの目の前にはチャンスがあります。

それを手にし活かすかどうかはあなた次第です。


興味がある方はご覧下さい。
    ↓↓↓
【実践的なアドバイスと実証済みの成功ノウハウを提供します】
スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!!
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

布施 隆

Author:布施 隆
1973年4月6日生まれの40歳。

1992年から勤めていた会社が
2012年3月をもって合併のため
閉鎖、

現在は再就職し、サラリーマンを
やっている傍らコツコツと
インターネットのネットワーク
ビジネスに取り組んでいます。

楽しみながら取り組めて成功体験
を実感できるビジネスです。

現在も新規参入者が続々入ってきています。


努力さえ惜しまなければ成功は
難しいものではありません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1890位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
390位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。