スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネスで後悔しない人生を作り出そう!

【嫌な仕事を辞めて、好きなことをして生きる方法とは?】



突然ですが、あなたは後悔したことありますか?

そりゃ当然、いつも後悔しっぱなしだ!

そんな方もいるでしょう。


実はこんなデータがあるんです。


もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。
彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る
後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔
中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんに
よると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあった
ことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を
去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に
過ごせば良かった、と感じるのだそうです。

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わって
しまった、という無念が最後に訪れるようです。

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が
途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にして
おくべきだった、という後悔を覚えるようです。

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。
旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ
「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。

以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)


いかがでしょうか?

もっと自分の人生を謳歌すればよかった・・・

こんなふうに後悔している方が多いんですね。

あなたはどうですか?

自分の今の人生に満足していますか?納得していますか?

多くの方がNoと言うでしょう。

・仕事が忙しく、ろくに時間が取れない。

・理不尽な上司、会社の方針に振り回されっぱなしでストレスを溜めている。

・収入に不満があり満足な生活ができない。

・お金が無いために子供の進学などで選択肢の幅が狭くなる。

・今のままでは将来の生活に不安がある。

・お金が無いために結婚など人生の選択肢が狭くなる。


ではあなたが望む人生、生き方とはどんなものですか?

・経済的な自由がある

・時間の自由がある

・健康でいられる

・大勢の仲間がいて孤独ではない

こういうものを望むのではないでしょうか。

ほとんどの方は何かを望んでも叶わぬ夢と思って諦めてしまいます。

でも、それは本当に叶わない夢でしかないのでしょうか?

もし、興味があればこちらを見ていただけたらと思います。
        ↓↓↓
【嫌な仕事を辞めて、好きなことをして生きる方法とは?】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

布施 隆

Author:布施 隆
1973年4月6日生まれの40歳。

1992年から勤めていた会社が
2012年3月をもって合併のため
閉鎖、

現在は再就職し、サラリーマンを
やっている傍らコツコツと
インターネットのネットワーク
ビジネスに取り組んでいます。

楽しみながら取り組めて成功体験
を実感できるビジネスです。

現在も新規参入者が続々入ってきています。


努力さえ惜しまなければ成功は
難しいものではありません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
266位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

訪問者様
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。